miraDry 切らないワキガ、ワキ汗治療 従来のわきが・多汗症治療の心配や不安な部分の多くを改善した新たな治療法です。切らないワキガ、ワキ汗治療

ホーム > 診療内容 > miraDry

診療内容

ミラドライ

ミラドライの特徴

ミラドライは皮膚を切ることなくわきが・多汗症治療を行う先進の施術です。 マイクロ(電磁)波エネルギーを利用して、汗腺(水分子)をターゲットとし、わきが・多汗症の原因であるアポクリン腺、エクリン腺の機能をなくしていきます。 失われた汗腺は再生しませんので手術同様、長期間の効果をもたらします。

特徴1切らない(非侵襲的)
切らないことで合併症などのリスクが大幅に減り、安全性の高い治療を受けていただけます。また、厳格な臨床試験及び病理学的研究で成果が認められています。米国FDA(FDA 510k Clearance)を取得しています。
特徴2傷のない治療
ミラドライでは皮膚表面を切らないので、傷痕が残らず審美性を維持できます。
【施術時間】 片側約20~30分、合計約60分程です。
特徴3長時間の効果
外科的手術と同じく長期間の効果が期待できます。
効果も治療終了直後から実感していただけます。
特徴4治療後でも日常生活が可能
術後、腫れが見られますが日常生活も可能です。
ただし治療当日の運動や入浴は控えていただくことになります。

効果のメカニズム

  1. わきが・多汗症の原因である「アポクリン腺」「エクリン腺」が集中する層へマイクロ波を照射します。1 わきが・多汗症の原因である「アポクリン腺」「エクリン腺」が集中する層へマイクロ波を照射します。 冷却されている表皮から真皮は抵抗が少ないので、エネルギーがより深部へ。
  2. マイクロ波の周波数は、エネルギーが真皮を通過しやすく皮下脂肪で抵抗を受けるものが選択されています。2 マイクロ波の周波数は、エネルギーが真皮を通過しやすく皮下脂肪で抵抗を受けるものが選択されています。 このため、皮下脂肪層と真皮の境界にエネルギーが蓄積されることになります。 そしてエネルギーは汗腺に吸収されていきます。 ミラドライシステムは熱の及ぶ深さと照射幅を最適化するように設計されています。
  3. ミラドライの冷却システムは、ハイドロセラミック・クーリングによって表皮から真皮にかけて冷却していきます。3 ミラドライの冷却システムは、ハイドロセラミック・クーリングによって表皮から真皮にかけて冷却していきます。 この冷却によって表皮部分は熱から保護されます。 皮下脂肪層の抵抗と表面からの冷却によって、熱の影響は汗腺があるエリアに集中して、脂肪層より深部への著しいダメージはありません。

施術の流れ

施術箇所のマーキング→局所麻酔→ミラドライ照射

他の治療方法との比較

治療方法

チェック項目

手術 miraDry ボトックス注射
傷跡の有無 有り 無し 無し
効果 永続的 永続的 3〜12ヶ月
わきが治療として 有効 有効 有効
多汗症治療として わきには
不向きな場合も
有効 有効
日常生活の影響 2・3日の
安静が望ましい
問題なし 問題なし
治療時間 1時間以上、
4時間のケースも
約1時間 約30分前後

【利用できないケース】

  • 電子機器を埋め込んでいる方(ペースメーカーなど)
  • 酸素投与している場合
  • 局所麻酔で問題の起きた方
  • 他の疾患で併発している方

【延期もしくは中止するケース】

  • 妊娠中
  • 免疫力の低い状態
  • 極端に凹凸がある場合
  • 治癒過程の妨げとなる薬を服用している場合
  • 以前受けた治療により腋窩部の皮膚構造(真皮や脂肪層の容態)が変わっている場合
  • 何らかの理由で、テンプレートを正確に転写できない場合

ミラドライについて

PAGE_TOP